AGA対策最後の砦!植毛についての知識をつけよう

AGA対策最後の砦!植毛についての知識をつけよう

頭を押さえる人

最後の手段

植毛手術にはさまざまな手法がありますが、どれも育毛や増毛に比べると体への負担が大きくなります。ですが、これまでにさまざまな育毛剤を試しても効果がなかったという方にはおすすめすることができます。男性の髪を生き返らせるための、最後の砦が植毛手術になるのです。

男性

植毛の違い

東京で行われている植毛の手術の方法はたくさんありますが、大きく二つに分けることができます。それは、人工毛を使うか自分の髪を使うかです。自分の髪の毛を使うことにより、植毛した後でもまた髪の毛が育ってくれるでしょう。人工毛を使う場合は、植毛したとしても、育ってくれることはありません。

髪の毛

まずはトライアルを受けてみよう

植毛を行っているクリニックやメーカーはトライアルを行っています。トライアルは体験のことですが、気軽にお試し体験することができるのです。メーカーによってトライアル内容は異なりますが、増毛1000本などを低料金で受けることができるでしょう。初めから植毛手術を行うのではなく、まずはトライアルで試してみてはいかがでしょうか。

ニードル法とストリップ法の比較

ニードル法の特徴

ニードル法は、1992年に誕生した歴史ある植毛手術です。植毛専用の針を使用して髪を植えていきます。穴あけと植毛を同時に行うことができるので、手術の工数を減らすことができます。一本一本が細い毛になるので、とても生え際が自然な仕上がりになるでしょう。

ストリップ法の特徴

ストリップ法は、AGAの影響を受けにくいとされている後頭部部分の毛髪部分を、髪が薄い部分に移植していきます。ニードル法に比べると、医師の負担が少なく、手術自体もすぐ終わるでしょう。なので、手術にかかる費用も安くなる傾向にあります。

広告募集中